立花幼稚園/JA今治立花 JA今治立花&立花幼稚園

JA今治立花

鳥生レンコンのお話
品種紹介
レンコン豆知識
レンコン栽培農家紹介
美味しいレシピ

地産地消のお話
地産地消運動
有機農産物
食農教育への取組みデイサービスセンター

JA事業案内
JA今治立花の概要

事業案内

ディスクロージャー(PDFファイル)

トピックス

助け合い組織「ふれあい」

不動産情報

JA今治立花をご利用の皆様へ重要なお知らせ
お取引ごとの定型約款

お問い合わせ

HOMEJA今治立花地産地消のお話学校給食への取り組み



学校給食への取り組み
 昭和56年の当農協総会で有機農業研究会の生産者が提案して「立花地域の給食を自校化して、地域の農産物を取り入れていく」事を決議し、市議会に陳情をしました。その後、PTA等の協力を得て2万人以上の署名活動を行い、昭和58年に地元の鳥生小学校に自校式調理場が建設され、有機農産物の学校給食への導入が開始されました。次いで60年度に立花小学校、そして、63年度から城東小学校にも供給が始まり、現在は8名の生産者で4小学校・1中学校の計1,771食分(今治市の全体の15.6%)の食材を供給しています。



地元産小麦を使用したパンの供給
 西南暖地用のパン用小麦ニシノカオリを当立花農協で栽培し、県学校給食会や今治合同製パン(株)の協力を得て、製パンし学校給食用に用いています。

 残留農薬やポストハーベストの心配がなく安心ですが、製パンに技術を要するため試行錯誤の末に実現したものです。まだまだ量が足らないため、立花農協・越智今治農協で順次作付けを増やしていく予定です。

▲パンの試食

▲ニシノカオリ



HOMEに戻る


今治立花農業協同組合
今治市北鳥生町3-3-14
TEL:0898-23-0246(代)
FAX:0898-31-6440



copy right(C)2003-2021 JA-IMABARITACHIBANA. All rights reserved.
立花幼稚園コーナー